フロアコーティングの特徴

フロアコーティングは値段が高く感じますが、ワックスが1年に1度かける必要があることと比べると一度塗れば10年以上綺麗な状態を保つことが出来かえって経済的ともいえます。


また傷がつきにくく、ジュースなどをこぼしても簡単に拭くだけでシミにもなりにくく掃除などの手入れが簡単にできることもメリットの一つです。



コーティング剤には様々あり目的に合わせて選ぶことが出来ます。



UVはすぐに乾燥するためすぐに入居することが出来、耐摩耗性、耐水性、耐薬品性に優れています。

シリコンは滑りにくく、撥水性が高い特徴があります。

ウレタンは摩擦や薬品に強く、ガラスはフローリングの膨張、収縮に強く、また耐薬品性もあります。ペットがいる人には滑りにくいものや撥水性の高いものなどを選ぶといいでしょう。ツヤのある床がいい場合は光沢のあるもの、自然な木の風合いを残したい場合もそのようなコーティング剤を選ぶことが出来ます。



注意点としては一度フロアコーティングをしてしまうとやり直すことが難しくなるため、どのような仕上がりになるのかよく確認しておく必要があります。

光沢のあるものは照明の光の反射でまぶしく感じる場合があり実際に見ておくことも大切です。

また床に傷がある場合は補修をしてからフロアコーティングをする方がいいでしょう。
後で気づいても補修が難しくなります。

他にも中古マンションなどの場合はワックスが塗ってある場合がありそのワックスの剥離作業で追加料金がかかる場合があり前もって確認する必要があります。