フロアコーティングを行う目的と保全に関する注意点

フロアコーティングは床に薬剤を塗布して皮膜を作り、外部からの刺激を軽減させる処理を指します。

コーティングで形成された皮膜は撥水性が高く、水濡れによる床材の劣化を防ぐことができます。



また、汚れがこびり付いても簡単に除去できるため、遊馬の見栄えを良くするメリットもあります。

床材に傷が付きにくくなることで耐久性を維持することが可能なので、フロアコーティングは様々な建物で広く普及しています。



フロアコーティングによって形成された皮膜は繰り返し同じ部分に刺激を与え続けると痛みが生じて剥がれてしまう点を注意する必要があります。



また、経年劣化によって耐久性が低下するので定期的に薬剤を塗布することも床を綺麗な状態に保つための心得です。

その一方でコーティング用の薬剤は含有成分によって性質が異なるので、利用目的と周囲の環境を考慮して慎重に選ぶことが大切です。
薬剤によっては皮膜を剥がすのが難しい物もあるので、塗り直しの際は注意が必要です。

フロアコーティングを綺麗に仕上げるためには薬剤の塗布の際にムラが生じないように気を配ります。

床にひび割れやへこみが生じていると皮膜が綺麗に形成されないので、事前に補修を行うことも重要な条件です。
専門技術を持つ業者に塗布作業を依頼するのが最も確実な対処法ですが、同じ作業でも使用する薬剤や業者によって費用が変わってくるので必ず事前に見積もりを行って詳細を確認しておくことが大切です。